2017 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 03

立呑み屋 あきら酒店@姫路市東駅前町 「駅近で大瓶370円の立呑み屋さんでサクッと一杯がええねん!」

kage

2016/03/29 (Tue)

P3057776.jpg

早上好

ゼファーです。
今日は3月29日の火曜日でマリモ記念日。
「1952(昭和27)年のこの日、北海道阿寒湖のマリモが国の特別天然記念物に指定された。同時に、富山湾のホタルイカ群遊海面、鹿児島県出水市のナベヅル、高知のオナガドリ等も国の特別天然記念物に指定された。」らしい。
で、佐藤唯さんのお誕生日。
ファンの諸君はお祝いしといたら~


昨日の記事の続きで、姫路でプラプラw
お溝筋界隈は昼から呑める立ち飲み屋が多くてええやんって感じ。
二軒目はこの界隈の老舗立呑み屋さんのあらき酒店へ。
P3057775.jpg


メニューの一部はこんな感じ。
大瓶が370円なんはほんま酒屋さん価格でええやん!
チューハイに焼酎なんかも安いな。
P3057787.jpg


酒に合うアテもいろいろと揃ってて安い!
姫路らしくひねポンがあるんもええやん。
P3057786.jpg


酒の呑むには十分なアテw
店内はコの字型のカウンターで15人ぐらいは十分入るやろうね。
最近建て替わったんかな?禁煙店だからか、店内は綺麗で清潔やわ。
P3057784.jpg



麦の水割り(多分240円)にひねポン(200円)。
P3057779.jpg
好吃!


ひねポン(200円)。
ニンニクの有無は?とのことで、もちろん有りで!w
一人で摘むには最適な感じな盛り。
オニオンスライスに刻みネギが入ってるんがええわ。
しっとりでひね特有の噛みごたえに旨味があってほんまに酒のええアテ。
ポン酢にニンニクがよろしいなぁw
P3057780.jpg
好吃!


〆サバ(350円)。
こちらのお店の一番高価なアテになるんかな?
ツマは機械切りではなく、きっちり手切り!
食感がいろいろで手切りのツマはほんまに美味いし、ツマだけでもアテとして秀品。
ツマを喰わない人が多いけど、手切りのツマは食べたほうがええで!
P3057792.jpg
好吃!

時間がそないにかかったし、今回はサクッと一杯のみ。
大瓶にアテも安くて気軽に入れてサクッと呑むには最適な立呑み屋さん!
駅近やし待ち合わせにもええよねw

皆様も是非!

満足の吃好了

ブログ村と人気ブログランキングに参加しています。
日々、ポチポチっとご協力お願いします<m(__)m> 
ポチったら、関西の美味いもの情報が見れるYO!
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  banner.png 
ご意見・ご感想、メッセージは「メールフォーム」からお気軽にどうぞ! 
コメントもお気軽に!


再见



ほんでちょいと移動。
姫路駅から山陽に乗るんは初めてやなw
IMG_5486.jpg


良い子は真似をしないようにwww
P3057794.jpg


ほんで、夢前川駅でみんなと合流。
で、目的のお店が開くまで軽く行きましょか~
この界隈、車ではよく通るけど、電車で来ることはそうそう無い場所。
歩いて見るんも楽しいもんやわ。
でた!シブイなぁ!ここ!w
P3057797.jpg


土曜日の夕方でやってないんは微妙やけど、平日のみの営業かな?
まだまだやってそうな気配はしてんけどw
P3057795.jpg



で、こちらで軽く一杯やるそうですw
姫路は夢前川の居酒屋 寿
P3057801.jpg


メニューの一部はこんな感じ。
P3057802.jpg

P3057803.jpg


引き出しが多そうなシブイ大将のお店のカウンターを陣取るw
久しぶり~、乾杯!!!
P3057804.jpg
好吃!


わおー!新子やん!
兵庫県はまだ解禁日前やったし、めっさ嬉しいやん!!!
どうやら岡山産やったそうで、細かめでめっさ美味かったわ。まさしく春の味わい!
おろしポン酢もええけど、柚子の爽やかな香りがGOOD!
P3057806.jpg 
很好吃!


小一時間ほど瓶ビール呑み散らかして、ご馳走様!
またゆっくり来てみたいお店やなw

ほんなら本命のお店に行こうか~w
そこは数年前からイキタカッた念願のお店。
続く…


参考ブログ
安いネタ!旨いネタ!隠れ家ブログ「立呑み ま」
しやすnoヒトリゴト
酒の肴を求めて…
エロリーマンの雑居ビル
 

関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック