2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

焼肉 ホルモン 三四郎 本店@北海道・小樽市「焼肉スープダレ元祖の店の〆スープが美味い!」

kage

2013/05/26 (Sun)

早上好


ゼファー。です。

今日は日曜日。

やることをやって買い物にでも行くか。




ある日、北海道の余市町へお散歩♪

ニッカの余市蒸留所へ行った後、おやつをこちらでwww
ゼファー。の気まぐれB級ブログ


ゼファー。の気まぐれB級ブログ 小樽市花園の「焼肉・ホルモン 三四郎 本店 」です。

ちなみに「こちらの常連さん 」に教えていただいたお店です!

小腹がすいたのでホルモンをちょいとつまみに…w






メニューの一部です。
ゼファー。の気まぐれB級ブログ    ゼファー。の気まぐれB級ブログ



ゼファー。の気まぐれB級ブログ



ゼファー。の気まぐれB級ブログ

很好吃!

サービスの漬物がめっちゃ美味い!

今まで食べたことがない味わいでしたが、大根の醤油漬けだと思われますw






ファミリーカルビを焼き焼き!
ゼファー。の気まぐれB級ブログ


ファイヤー!
ゼファー。の気まぐれB級ブログ 好吃!

美味かったんですが、せっかくなのでラム肉にすればよかったと後悔汗





左が塩ホルモンで右がホルモン。
ゼファー。の気まぐれB級ブログ   ゼファー。の気まぐれB級ブログ




ホルモン焼き焼き!
ゼファー。の気まぐれB級ブログ

ゼファー。の気まぐれB級ブログ 很好吃!

プリッとコリッとかつジューシーでめっちゃ美味かったです!

臭みも全くなく、ほんと美味かったなぁ。

そもそも関西では豚ホルモンを食べる習慣がほとんどないですしね。







麦焼酎の緑茶割なんかもぐびぐび~
ゼファー。の気まぐれB級ブログ






こちらのお店の本領は実はこれからです!

焼肉の後、どうしてもつけだれって余りますよね。
ゼファー。の気まぐれB級ブログ




そこに店員さんが熱々の出汁スープを入れてくれます!

食べ終わって火を消してまったりしていると、

何も言わなくとも店員さんが勧めてくれました。
ゼファー。の気まぐれB級ブログ 非常好吃!

いわゆるスープ割ですかね、これが最高に美味い!

意外にスッキリさっぱりしていて〆にピッタリです。

ホルモンやお肉のうまみが濃縮しているつけだれに出汁スープが入るんですから美味くないわけがないw

しかも絶妙な量のスープを入れてくれました!

出汁スープと言えど、魚介系ではなく、動物系の出汁だと思われますが、

はっきりと何の出汁なのかはわかりませんでした汗

焼きおにぎりを中に投入したり、お茶漬け風にしても美味いでしょうねw


実は、今では北海道でよくやられている習慣だそうな。

ジンギスカンや焼肉の食べ終わった後に残るタレにスープを入れて〆に飲む習慣は小樽が発祥で、このお店が考案したとのこと。


お店によってはスープではなく、タレにお湯を入れるお店もあるそうで、そのようなお店の評判はよくないようです。


地元の方々に大人気なお店。

最近、移転し改装して綺麗になったそうです。

移転前の店は煙がもくもくとそれはそれで趣があったようです。

寿司屋通りもいいですが、このような地元な方々が集まるお店が楽しいです。

皆様も是非ビックリマーク


下のバナーをポチッとご協力よろしくお願いいたしますm(_ _ )m

記事更新の励みになります!

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
めっさめんどくさいかもですが、下の二つもお願いいたしますm(_ _ )m

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル


大満足の吃好了


再见




一人でぷらぷら雪の小樽を…

古い記事ですみません…
ゼファー。の気まぐれB級ブログ

ゼファー。の気まぐれB級ブログ

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

kage

1. 無題

なんだか羨ましいYO!(笑)

Posted at 10:15:52 2013/05/26 by ふく★ラモーン

この記事へのコメント

kage

2. Re:無題

>ふく★ラモーンさん
贅沢にも年に一度一人旅をしているかもです。今回の北海道ネタは3月に行った時のネタを引っ張っているだけですw
行った時期の旅費は格安でしたw
是非是非!

Posted at 11:22:22 2013/05/26 by ゼファー。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック